車買取

車査定時の買取金額アップのヒント・外装編

角丸

車査定時の買取金額アップのヒント・外装編

愛車の売却を考える際の最も気になる事の1つは、一体いくらで買い取ってもらえるだろうかということではないでしょうか。 同じ売るのであれば、1円でも得をしたくはないと誰でも考えるものです。 それでは、できるだけ高く売るためのポイントは何なのでしょうか。 ここでは、外面、外装について考えてみます。

車に限らず中古品は、それを単にコレクションしている場合を除けば、新たに買ってくれる人がいてこそ流通がなされて行くものです。 従って、中古車の売却における買取金額は、売る側の立場では気になる事の筆頭に挙げられますが、 それを買う側にしてみれば、値段と同様、あるいはそれ以上に重要視されるのが外見です。 人も車も、第一印象が大事であることは変わりがないとも言えるでしょう。

ということで、買う側にたって考えてみれば、ボディが傷だらけというよりは、キレイである方が絶対に良いです。 また、凹みがあるよりは、無い方が良いに決まっています。 「そんなことは百も承知だ!」と言われる方もいらっしゃるでしょう。 では、もしもキズや凹みが既に生じてしまっている場合にはどうすべきかということになりますが、 1円でも損をしないためには、下手に修理しない方が良いのです。

もしも、車査定の際に、「これだけ修理代が掛かりました」と正直に述べて、その分が全額査定額に上乗せされるのであれば、 修理に出した方が良いかも知れません。 しかし実際には、期待するように買取額がアップすることはありません。 修理した分が損になってしまうことになるのです。 このことから、車査定時多少査定が下がったとしても、現状のまま査定してもらうのが、最もお得であると言えます。

修理には出さずに、自分で補修して買取額が下がらないようにしようと試みることも考えられますが、 残念ながらプロの査定士の目をごまかすことはできません。 その場合も、補修に費やした時間とお金が無駄になってしまう可能性が大なのです。 これらの他に、最も買取額をアップさせる(下げない)秘訣は何かと言えば、これも当たり前と言われるかも知れませんが、 日頃からの洗車やワックスがけなどの手入れです。 愛車にどれだけ愛情を込めたかは、必ず査定士や次のオーナーに伝わるはずです。



HOME >

角丸